遠藤  :さて、仕事も終わったから昨日の続きをやろうか。
伊藤  :……うん。
遠藤  :顔が赤いな、啓太……もしかして、思い出した?
伊藤  :し、仕方ないだろう! だって、和希がこのソファの上であんなに……!
遠藤  :あんなに……何?
伊藤  :……っ……知らない!
遠藤  :啓太、このくらいで赤くなっていたら、これから先の質問に答えられないよ。まあ、そんな
    啓太も可愛いから良いか。なら、始めよう。

51 貴方は受け? 攻め?
伊藤  :な、何だよ、この質問!
遠藤  :これから先はこういうものばかりだよ。
伊藤  :えっ!? ど、どうしよう……
遠藤  :一度、やり始めたら最後まで頑張ろうな、啓太。
伊藤  :……うん……
遠藤  :なら、答えて? 啓太は……?
伊藤  :……受けです。
遠藤  :良く出来ました。俺は攻めだな。

52 どうしてそう決まったの?
伊藤  :どうしてって訊かれても……和希が抱きたいって言うから……
遠藤  :俺は、ずっと啓太が欲しかった。欲しくて、欲しくて堪らなかったから、それを素直に言葉
    にしただけだよ。
伊藤  :……っ……

53 その状態に満足してる?
遠藤  :俺は満足だけど、啓太はどうなんだ? 殆ど俺に押しつけられた様なものだろう? 俺に
    抱かれるのは嫌か?
伊藤  :そんなことある訳ないだろう。俺だって和希が欲しいから……和希が欲しいって言ってくれ
    るのが嬉しいから……前にも、そう言ったじゃないか。だから……
遠藤  :だから、何?
伊藤  :だから、俺……和希に抱かれるの……好き、だよ。もう! こんなこと言わせるなよ、恥ず
    かしいんだから!
遠藤  :有難う、啓太。

54 初エッチはどこで?
遠藤  :ここだよな。
伊藤  :うん……お陰で、俺、暫く理事長室って言葉を聞いただけで赤くなったよ。
遠藤  :でも、あれから何回もここでしているから、もう慣れただろう?
伊藤  :さすがに言葉を聞くだけで赤くはならなくなったけど、慣れるなんて絶対にないよ。
遠藤  :啓太は本当に恥ずかしがり屋だな。

55 そのときの感想を……
遠藤  :一瞬で溺れたな。啓太を愛しているということ以外、全く何も考えられなかったよ。あのと
    き、俺がもう少し自分を保っていたら、啓太を苦しめなくて済んだのにな。ごめん、啓太……
伊藤  :でも、俺は幸せだったよ、和希……好きな人に抱かれるのが、こんなにも満たされること
    だなんて知らなかったから。本当に嬉しくて、嬉しくて……
遠藤  :啓太……

56 そのとき、相手はどんな様子でした?
伊藤  :俺、あまり覚えてない。自分のことで手一杯だったから……
遠藤  :確かに啓太は辛そうだったな。初めてで緊張していたから、なるべく痛みを与えない様に
    と思ったけれど、ポロポロと涙を零して苦しそうだった。
伊藤  :でも、痛いだけじゃなくて、俺はちゃんと……か、感じてたよ。だって、俺の中にいるの和
    希だから……心から愛してる人に抱かれて感じない訳ないだろう?
遠藤  :ああ、わかっているよ。必死に俺を受け入れようとする啓太は健気で、とても可愛かった。
    啓太が苦痛以外の声を上げ始めたときは嬉しかったな。普通は最初からそこまで感じない
    らしいが、啓太はキスだけで足が震えていたから敏感だと直ぐにわかったよ。
伊藤  :……っ……そんなにはっきり覚えてなくても良いのに……

57 初夜の朝、最初の言葉は?
伊藤  :朝って言われてもな……あれ、夜じゃなかったから……
遠藤  :翌日、俺が起こしに行ったとき、ノックして呼んだ、啓太、になるのか?
伊藤  :俺、まだ和希が学園生活を続けるとは思わなかったから驚いたけど、それ以外は別にい
    つもと変わらない会話だったよな。
遠藤  :ああ、それで良いだろう、俺達は。
伊藤  :うん。

58 エッチは週に何回くらいする?
伊藤  :うっ……徐々にレベルが上がってきた気がする。
遠藤  :そうだな。
伊藤  :何か嬉しそうだな、和希。
遠藤  :ああ、啓太の本音が聞けるからな。普段は恥ずかしがって素直に言ってくれないから、こ
    の機会に聞けるだけ聞かせて貰うよ、俺は。
伊藤  :……やろうなんて言わなければ良かった。
遠藤  :もう遅いよ、啓太……それで、この質問の答えは?
伊藤  :ど、どうして俺に訊くんだよ。和希が答えれば良いだろう。
遠藤  :昨日も言っただろう? 俺は啓太の口から聞きたいんだよ。言って、啓太……何回?
伊藤  :……一・二回。
遠藤  :嘘はいけないよ、啓太。
伊藤  :……っ……二・三回。
遠藤  :啓太、Graceは正直にと言ったよ?
伊藤  :でも、一回もしない週もあるじゃないか! 和希の仕事が忙しいときとか、出張に行ってい
    ないときとか!
遠藤  :その代わり、そうでない週は啓太に寂しい思いをさせない様に一晩置きくらいに――……
伊藤  :わ~っ!! それ以上、言ったら、当分、口きかないからな!
遠藤  :仕方ない。この質問はこのくらいで良いか。
伊藤  :……和希の馬鹿。

59 理想は週に何回?
遠藤  :毎日と言いたいところだけど、やはり啓太の身体への負担を考えると週に三・四回が限度
    だな。啓太は華奢だし腰も細いから、恋人として、俺には啓太の体調に注意を払う義務が
    ある。ただ自分の欲望のままに啓太を抱くことは出来ないよ。
伊藤  :俺は……和希が求めてくれるなら……何回でも良い。別に義務とか我慢はしなくて良い
    よ。俺だって本当はいつも和希が欲しいから……
遠藤  :有難う、啓太……でも、俺は啓太と夜を過ごすのも良いけれど、一緒に授業を受けたり、
    学園島を散策するのも好きなんだ。だから、これは俺のためでもあるんだ。それとも、啓太
    は俺とそういうことはしたくない?
伊藤  :ううん、俺だって和希ともっと色々なことがしたい。
遠藤  :なら、お互いにどこかで我慢しないとな。
伊藤  :うん。

60 どんなエッチなの?
遠藤  :別に普通だよな。
伊藤  :俺は、そういうの良くわからないから……でも、和希は焦らす方だと思う。
遠藤  :そうか? 俺にそんな自覚はないよ。
伊藤  :だって、いつも同じところをしつこく弄ってる。
遠藤  :たとえば?
伊藤  :む、胸とか。
遠藤  :胸のどこ?
伊藤  :……知らない。
遠藤  :教えてくれないと俺にはわからないよ、啓太。
伊藤  :か、勝手に考えれば良いだろう!

61 自分が一番感じるのはどこ?
遠藤  :ねえ、啓太はどこが一番感じる?
伊藤  :……
遠藤  :……啓太。
伊藤  :やっ……!
遠藤  :感じた? でも、俺はどこも触っていないよ。
伊藤  :俺が耳が弱いって知ってるだろう、和希。
遠藤  :啓太は耳元で囁くだけで感じるからな。抱けば抱くほど、反応も良くなるから俺としても嬉
    しいよ。他には……ここも弱いだろう、啓太?
伊藤  :あっ……やめっ……!
遠藤  :初めて啓太を抱いたとき、重ねた手で指の間を撫でたら感じていたからな。あの頃より敏
    感な今は、こうして指を絡めて軽く擦るだけで……
伊藤  :ああっ……和希……和、希っ……
遠藤  :可愛いよ、啓太。
伊藤  :……っ……何かどんどん和希のペースになってる気がする……

62 相手が一番感じるのはどこ?
伊藤  :えっ!? 和希の……?
遠藤  :どうしたんだ、啓太?
伊藤  :うん……俺、和希が一番感じるところって知らないないから……
遠藤  :知っているだろう?
伊藤  :……! それ以上の発言は不可! 俺が言ってるのは、そこじゃないところ!
遠藤  :そうか。なら、ヒントをあげるよ、啓太……
伊藤  :あっ、ネクタイ解くなよ……っ……はあ、んっ……あ……
遠藤  :好きだよ……啓太……
伊藤  :和希……ああっ……ん……
遠藤  :……どう? わかった?
伊藤  :……っ……こんなので、わかる訳ないだろう?
遠藤  :俺は、啓太が乱れてゆく姿を見ると一番感じるんだよ。
伊藤  :馬鹿……それじゃ、答えにならない。
遠藤  :なるよ。ほら……わかるだろう?
伊藤  :……っ……!
遠藤  :啓太……ジャケット、脱がせても良い?
伊藤  :……なら、俺も……和希の、脱がせて良い?
遠藤  :ああ、勿論……

63 エッチのときの相手を一言で言うと?
遠藤  :啓太は可愛いよ。凄く可愛い。
伊藤  :和希は優しいよ。いつも優しい。
遠藤  :普段、言っていることと同じだな。
伊藤  :うん。
遠藤  :啓太、シャツのボタン……外しても良い?
伊藤  :……まだ駄目。俺が和希のベストのボタンを外すから……
遠藤  :わかった。

64 エッチは、はっきり言って好き? 嫌い?
遠藤  :俺は好きだよ。同じ快楽を啓太と共有して一つになれる瞬間は、言葉で言い尽くせないほ
    ど俺の心を充足する。啓太は……?
伊藤  :……俺も好きだよ……和希に愛されてるのが良くわかるから……
遠藤  :俺の言葉だけでは信じられない?
伊藤  :そんなことないけど……和希が俺を求めてくれるのが嬉しい……
遠藤  :俺はいつでも啓太を求めているよ。だから、たまには啓太の方から俺を求めて欲しいな。
伊藤  :お、俺だって、ちゃんと和希を求めてるよ。今だって……
遠藤  :ああ、そうだな。

65 普段どんなシチュエーションでエッチするの?
伊藤  :どんなって……別に普通だよな。二人で一緒にいたら気分が盛り上がって、そのまま……
遠藤  :場所はここや、仮眠室、寮の部屋が多いな。啓太はそれぞれの場所で微妙に反応が違う
    から可愛いよ。
伊藤  :えっ!? そんなことないだろう?
遠藤  :自分でも気づかないか? ここは初めてした思い出の場所のせいか、啓太は普段以上に
    良い反応を見せるよ。それに、他と違って公共の場ということも影響しているのかもな。誰が
    来るかわからない緊張感が啓太の身体をより敏感にしている。
伊藤  :和希は恥ずかしくならないのか? 仕事をしてる途中で思い出したり、誰かがこのソファに
    座ってドキッとすることがあるだろう?
遠藤  :いや、別に。寧ろ、部屋の至る処に啓太の記憶が刻み込まれていた方が集中出来るよ。
    俺達は離れていた時間が長かったから、まだ時折、啓太のいる今が夢の様な気がするとき
    がある。目が醒めたら消えてしまう儚い幻……だから、こうして触れて確かめたくなる。啓太
    が本当にここにいるのかどうか……
伊藤  :和希、俺はここにいるよ……ずっとここにいる。
遠藤  :ああ、わかっているよ、啓太……
伊藤  :他はどう違うんだ?
遠藤  :そうだな。仮眠室は最初の頃は反応が鈍かったな。あそこは私室とも少し違う空間だか
    ら、多分、落ち着かなかったんだろう。でも、今は一番良い声で啼くよ。
伊藤  :一番良いって……俺、そんなに大きな声を出してるのか?
遠藤  :いや、大きいという意味ではないよ。少し鼻に掛かった高い声で眩暈がするほど艶めかし
    く濡れているんだ。ああ、思い出すだけで背筋が甘く痺れてくる。特に絶頂が近づ――……
伊藤  :も、もう良い。なら、寮は? 和希と俺の部屋で何か違う?
遠藤  :あまり差はないな。啓太は、どちらも自分の部屋と同じ感覚で使っているだろう?
伊藤  :うん。
遠藤  :だから、最も気が楽なせいか、羞恥心が鳴りを潜めて積極的になるときがある。そういう
    日は、あのベッドでは少し狭いよな。
伊藤  :そ、そういえば、何で寮の部屋のベッドはセミ・ダブルなんだ? 普通はシングルだろう?
遠藤  :運動部は体格の良い生徒が多いだろう? 睡眠は大切だから、彼らに合わせて総てセミ・
    ダブルにしたんだ。ちなみに、各部屋を完全防音にしたのは文化部には繊細な生徒が多い
    から、余計な物音で彼らの集中を遮らない様にするためだよ。手芸部にはデザイン画を考
    えるときは無音が良いからと態々帰寮する人もいるよ。
伊藤  :本当に生徒のためを思って設計されてるんだな。
遠藤  :ああ、俺達もその恩恵に浴しているよな。
伊藤  :うん……かなり意味は違うけど。
遠藤  :ところで、啓太……そろそろシャツのボタンを外しても良い?
伊藤  :……うん……

66 やってみたいシチュエーションは? (場所、時間、コスチュームなど)
遠藤  :一度、所長室で啓太を抱きたいな。俺の仕事場の総てに啓太を一つは刻みつけておきた
    いんだ。駄目か?
伊藤  :ん……良いよ。なら、今度……っ……あ、んっ……

67 シャワーはエッチの前? 後?
遠藤  :そのときどきで変わるな。寮にいるときは先にシャワーを浴びることが多いけれど、今の
    様なときは後だよな。
伊藤  :う、ん……あっ……ああっ……和希っ……
遠藤  :啓太、ここに横になって……そう……
伊藤  :あっ……っ……

68 エッチのときの二人の約束ってある?
遠藤  :約束というほどのものはないな。
伊藤  :……ある、よ。
遠藤  :そうか?
伊藤  :うん、いつも……キスから始まる。
遠藤  :それは約束とは違うよ、啓太……キスは、したいからするんだよ。こうして……っ……
伊藤  :あっ……ふっ……
遠藤  :好きだよ……啓太……
伊藤  :俺も、好き……っ……んっ……

69 相手以外とエッチしたことはある?
遠藤  :……
伊藤  :和希……俺、怒ったりしないよ。俺は和希が初めてだけど、和希は前に付き合ってた人が
    いたんだろう? わかるよ、それくらい。女の人?
遠藤  :ああ……でも、どれも長続きしなかった。俺の中にはずっと啓太がいたからな。どうしても
    啓太の面影を求めてしまうんだ。俺には最後まで彼女達が見えなかったよ。だから、別れ
    た。俺からそれを切り出したこともあるし、相手から言われたこともある。そして、社会人に
    なってからは特別な人は作らなかった。誰もが『鈴菱』目当てだったから下手に付き合って
    別れると、こちらがダメージを受ける可能性が高い。ひたすら仕事ばかりしていたよ、啓太と
    再会するまで。
伊藤  :有難う、和希……正直に話してくれて。
遠藤  :啓太、こんなことを言っても気休めにならないかもしれないけれど、俺は男と付き合ったこ
    とは一度もない。だから、男を抱いたのは啓太が初めてだよ。そして、これから先、俺が抱く
    のは永遠に啓太だけだ。
伊藤  :うん、わかってるよ、和希。

70 『心が得られないなら身体だけでも』という考えについて。賛成? 反対?
遠藤  :虚しい考えだな。心を伴わない関係が続く訳がない。実際、俺は何度も経験したよ。
伊藤  :……哀しい考え方だよな。
遠藤  :啓太、俺達は心も身体もいつまでも一つに重ねていような。
伊藤  :うん。

71 相手が悪者に強姦されてしまいました! どうする?
伊藤  :か、和希が!? そんなの考えられないよ、俺! だって、和希が……和希がっ……!
遠藤  :落ち着いて、啓太、俺はそんな目には遭わないよ。アメリカ暮らしが長かったから、竜也さ
    ん仕込みの護身術の心得も多少はあるしな。
伊藤  :良かった……
遠藤  :でも、啓太は可能性が無きにしも非ずだな。
伊藤  :えっ!? ど、どうして!?
遠藤  :啓太は綺麗になったから。しかも、華奢だから力も弱いだろう? 啓太の隠し撮り写真が
    裏でどのくらい売られていると思う? 見つけ次第、直ちに生徒会に回収させているが、全
    く切りがない! いっそ、写真部を廃部にしたいくらいだ!
伊藤  :なら、もし、俺が……その……本当に、誰かにされたら……和希はどうする?
遠藤  :そうだな。まあ、その男は……退学程度では済まさない。
伊藤  :警察?
遠藤  :さあ……どうかな。
伊藤  :……和希、俺、運が良いから、そんな目にはきっと遭わないよ。初日に成瀬さんにキスさ
    れたけど、後は誰にも触られてない。和希だけだよ。
遠藤  :ああ、わかっているよ。安心して。啓太は必ず俺が護るから。
伊藤  :うん……和希。

72 エッチの前と後、より恥ずかしいのはどっち?
遠藤  :ねえ、啓太……少し気が逸れたけれど、そろそろ続きをしても良い?
伊藤  :……っ……
遠藤  :駄目?
伊藤  :……良いよ。
遠藤  :啓太、顔が真っ赤だよ。まだ恥ずかしい?
伊藤  :あ、当たり前だろう。こんな明るい場所なんだから……
遠藤  :啓太はいつも前の方が恥ずかしがるよな。
伊藤  :だ、だって、後は……終わってるから……
遠藤  :もう見られたから平気なんだ。
伊藤  :そ、そんなこと……ああっ……!
遠藤  :これで楽になっただろう? 少し窮屈そうだったから。
伊藤  :……んっ……あっ……あ、んっ……
遠藤  :気持ち良い、啓太?
伊藤  :う、んっ……あっ……和希、の答えは……
遠藤  :俺も前だな、啓太が恥ずかしがるから。

73 親友が『今夜だけ、寂しいから……』とエッチを求めてきました。どうする?
遠藤  :俺達は親友同士だから全く問題ないな。
伊藤  :……っ……あっ……う、んっ……ああ……
遠藤  :啓太、少し腰を上げて? 総て脱がすから。
伊藤  :あっ……こ、こう……?
遠藤  :そう……

74 自分はエッチが巧いと思う?
遠藤  :ああ、綺麗だ……
伊藤  :本当……?
遠藤  :俺は啓太に嘘は言わないよ……んっ……
伊藤  :あっ、和希っ……ん、あっ……ああっ……はあ、んっ……
遠藤  :……っ……こんな啓太を見ると、俺は下手ではないと思うよ。
伊藤  :……和希、はっ……巧いよ……
遠藤  :良かった。
伊藤  :あっ、嫌っ……和希っ、こんな格好っ……!
遠藤  :でも、この足を背もたれに掛けた方が広がるだろう? それに、ほら……ここにも手が届
    く。
伊藤  :んっ……ああっ……っ……和、希っ……

75 相手はエッチが巧い?
伊藤  :あ、んっ……和希っ、もう……あ、あっ……
遠藤  :啓太は本当に巧いよ。この嬌態を見ているだけで堪らなくなる。
伊藤  :和希……和、希……
遠藤  :何、啓太?
伊藤  :……あ……来て、和希……っ……ああっ……
遠藤  :我慢出来ない?
伊藤  :う、んっ……あっ……もう、やだあ……和希っ……!
遠藤  :わかった。俺も、もう我慢出来ないよ。啓太と早く一つになりたい。
伊藤  :俺、もっ……だからっ……早くっ……!
遠藤  :啓太、力を抜いて……
伊藤  :んっ……あっ……は、ああっ……!
遠藤  :……っ……
伊藤  :あっ……ああ……和、希……好きっ……
遠藤  :ああ、俺も……好きだよ……啓太……
伊藤  :和、希っ……


2009.5.15
質問に答えているだけなのに……
理事長室にはソファでなく、
寝椅子の方が良い気がします。

r  n

Café Grace
inserted by FC2 system