「わあ……!」
  和希が冷蔵庫から取り出した物を見るなり、啓太の瞳はキラキラと輝き始めた。
  クリスマス・ツリーの飾り付けをしてから二人で作った遅い朝食を取った後、少し待ってて、と言って和希が席を立った。小さなカウンターを回ってキッチンへ向かう恋人を啓太は訝しそうに見つめた。まさかこんな時間からクリスマス・ケーキを食べるつもりなのかな。甘いものは確かに好きだが、それは幾ら何でも早過ぎる気がした。啓太は軽く掌を胃に押し当てた。
(まあ、まだ余裕はあるけ、ど……!)
  そのとき、不意にそれが啓太の瞳に飛び込んできた。生クリームと苺を添えた赤いドーム型のケーキ。
「それは何、和希?」
「美味しそうだろう?」
「うん!」
  啓太は大きく頷いた。その嬉しそうな声に和希はふわりと微笑を浮かべた。
「良かった。これはサマー・プディングと言って本来は夏のお菓子だけど、啓太はクリスマス・プディングよりこの方が喜ぶと思ったんだ」
  和希は啓太の前に皿を置いて自分の席に着いた。静かに手で促す。食べてみて、啓太……
「うん」
  早速、啓太はスプーンを取ると、そっとプディングをすくった。
「……?」
  スポンジにしては少し妙な感触だが、中には大粒の苺がぎっしりと詰まっていた。何となく苺のジャムかコンポートに近い感じがする。まあ、これなら朝からでも良いか……
  パクッと口に入れると、冷たくも爽やかな酸味と甘みに啓太の表情が途端に蕩けた。それを見た和希は満足そうに自分も一口、反対側からプディングを食べて呟いた。
「……うん、初めて作ったにしては上出来かな」
「えっ!? これ、和希が作ったのか? いつの間に……俺、全然、気づかなかった」
「いや、作ったのは昨日だよ。寮の厨房を少し借りたんだ。一晩、冷やさないといけないからな。車で一緒に持って来て、啓太が疲れて眠った後、またここの冷蔵庫に入れたんだ」
「……っ……!」
  昨夜のことを思い出して、ポンッと啓太は沸騰した。
  到着するなり、荷物もそのままに和希を求めて身体を重ねてしまった。朝にもまた……幾らクリスマスとはいえ、やはりあまりに大胆過ぎたと今更ながらに恥ずかしくなった。上目遣いに和希を見ると、啓太の考えを読んだのか、その瞳が微かに笑った。慌てて別の話を振る。
「そ、そういえば、このプディングの周り……これ、もしかして、食パン?」
「ああ、型に薄い食パンを敷き詰めて甘く煮た苺を入れたんだ。簡単だろう?」
「うん、これなら俺にも作れそうな気がする」
  そうだな、と和希も同意した。そして、啓太をじっと見つめて言った。
「いつか俺も食べさせて欲しいな……啓太の手料理」
「あっ……!」
  啓太は大きく目を瞠った。
  トースターにパンを入れてコーヒー・メーカーのスイッチを入れただけの自分と違い、和希はキッチンに立って火を使っていた。今、食べた温かい料理は総て和希が作ったもの。このデザートも……
  また一口、啓太はプディングを食べた。それは先刻よりも更に甘く、美味しく感じられた。
(俺も、いつか和希に食べさせたいけど……)
「いつになるかわからないよ、それ。俺、殆ど料理出来ないから……」
「大丈夫。待っているよ、啓太」
  和希は優しく微笑んだ。それを見た啓太の手が無意識に動いた。
「なら、そのときまでは……これ、で……」
  啓太はスプーンで苺をすくって和希に差し出した。
「食べさせてくれるの?」
「……っ……うん」
  改めてそう訊かれて、啓太は耳まで真っ赤になりながらも小さく頷いた。
  そんな啓太は苺よりも遥かに可愛く、魅惑的に和希には見えた。啓太の手料理も良いが、これなら待つのもとても楽しそうだ。しかし、それを言うと、啓太は恥ずかしがって二度としてくれないだろう。だから、和希はテーブルに身を乗り出すと、嬉しそうに口を開けた。
  その瞬間、恋人と過ごすクリスマスにまた一つ新しい思い出が加わった。


2010.12.24
’10 クリスマス記念作品 和啓ver.です。
時間軸的に『優しい葉』の続編になっています。
忙しくて殆ど料理をしない和希ですが、
啓太を喜ばせるためなら何でもしそうです。
Merry Christmas to you.

r

Café Grace
inserted by FC2 system