とても蒸し暑い土曜日の午後だった。一人、また一人と周囲の者が涼しい冷房(クーラー)の効いた室内へと避難する中、啓太は最後まで金網越しにテニス・コートを見つめていた。
「成瀬さ~ん」
「おお~」
  成瀬がサービスを決めると、観衆が大きくどよめいた。
  今、テニス部は対外試合の真っ最中だった。相手はなかなかの強豪校らしく、四人の選抜部員の結果は二勝二敗。勝敗は最後の主将同士の決戦へと縺れ込んでいた。
(成瀬さん……!)
  啓太は両の掌をギュッと握り締めた。黄色いボールが芝のコートを右へ左へと跳ね回る。成瀬がすっと前へ出た。これで決まる。無意識に啓太は息を呑んだ。
  ……ビシッ!!
  風を切る鋭い音が響き、試合が終わった。
  瞬間、どっと歓声が沸き起こり、辺りは拍手の渦に包まれた。勝った成瀬は対戦相手と握手を交わすと、眩しいばかりの笑顔でそれに応えた。
「ハニー、来てくれたんだね!」
  目聡く啓太を見つけた成瀬はコートの中から声を掛けてきた。
  成瀬にとって、啓太は永遠にハニーだった。啓太は既に身も心も中嶋のものだったが、成瀬がそう呼ぶのを正そうとは思わなかった。人の想いは誰にも止められない。それは啓太自身が一番良くわかっていた。尤も、中嶋の前では冷や冷やするが。
「試合開始のときは人が多くて姿が見えなかったけど、ハニーは必ずいるって信じてたよ」
「はい、ちょっと近寄れなくて後ろの方にいたんです。でも、この暑さで人が減ってきたから前に出て来られて……やっぱり成瀬さんは凄いです」
「ハニー……」
  その言葉に成瀬が感極まっていると、遠くで部員の一人が叫んだ。
「成瀬さ~ん、皆、待ってますよ~」
「……ごめん、ハニー、向こうの人に挨拶しないといけないんだ」
「試合が終わったばかりなのに大変ですね。頑張って下さい、成瀬さん」
「有難う、ハニー、じゃあ……またね」
  チュッと成瀬は投げキスを送って寄越した。学園内にも多々いる成瀬ファンが刺す様な視線を啓太に放つ。啓太は真っ赤になりながら、成瀬を見送ると、そそくさとそこを離れた。
「……ふう」
  校舎裏の安全地帯にまで辿り着いた啓太は、ほっと胸を撫で下ろした。
「今日は本当に暑いな」
  啓太は空を見上げた。
  暦の上で夏は終わっても、陽射しはまだその強さを保っていた。ジャケットの中に熱が籠もる。更に啓太は一時間以上もテニス・コートの傍にいたので完全に蒸し上がっていた。しかし、湿度が高くて殆ど汗を掻かないせいか、啓太の危機感はあまりに稀薄だった。
(そろそろ生徒会室に行こう。中嶋さんには試合のことは言ってあるけど、遅くなって機嫌を損ねると後が大変そうだし……)
  じりじりと照りつける太陽の下を啓太はゆっくりと歩き出した。石畳の端で左に曲がろうとしたとき、どこかで唸る様な音が聞こえた。
(あっ、王様だ)
  右奥の植え込みの影で丹羽が豪快に大の字になっていた。また仕事をサボって昼寝をしているらしい。仕方のない人だな、と啓太は思った。
(王様、中嶋さんに怒られる前に一緒に行きましょう)
  そろ~り、そろ~り……啓太は丹羽との距離を慎重に縮めていった。腕の一本でも掴めれば、丹羽は大人しく生徒会室に戻る。それが丹羽と啓太の間の暗黙の規則だった。今の、この体勢は圧倒的に丹羽が不利。いける!
  手の届くギリギリの処まで近づくと、啓太はパッと襲い掛かった。しかし、その瞬間――……
「……っ!!」
  まさに動物的勘で丹羽は素早く身を翻した。体勢を立て直し、咄嗟に構える。啓太は芝生にペシャリと崩れ落ちた。
「何だ。啓太か。誰かと思ったぜ」
  丹羽はガシガシと頭を掻いた。啓太は丹羽を見上げて呟いた。
「う~、完全に寝てたのに……」
「甘いな、啓太」
  余裕の微笑を浮かべながら、丹羽は啓太を引き上げた。それから、大きく伸びをして左右に身体を捻った。気持ち良さげな声が上がる。啓太は自分についた草をパタパタと払い落とした。
「王様、どうしてわかったんですか?」
「うん? ああ、寝込みを襲われるのは慣れてるからな」
「……」
  確かに部への昇格目当に丹羽を狙う者は後を絶たなかった。しかし、元はといえば、それは丹羽自身が言い出したこと。自らそんな物騒な生活をしなくても、と言いたげな啓太の視線を丹羽は軽く笑い飛ばした。
「心配すんなよ、啓太、俺に勝てる奴がこの学園にいると思うか?」
「そうなんですけど……」
  啓太は口ごもった。丹羽に勝てる者はいない。それは事実だったが、手段を選ばない輩が暗躍し始めると、その後始末は中嶋がつけることになる。そのとき、自分の存在が中嶋の足を引っ張ってしまうかもしれない。啓太はそのことを心配していた。
「最近は特にイベントもねえから、暇で仕様がねえな」
「それなら、溜まってる仕事を片づけて下さい。また中嶋さんに怒られますよ」
  さり気なく啓太は手を伸ばした……が、丹羽はすっと身を引いた。
「王様?」
「啓太、折角の土曜にあんなとこ籠もってられるか? 今日は絶対、仕事はしねえ!」
「今日はって……いつもじゃないですか」
「とにかく、嫌なものは嫌だ。悪いな、啓太!」
  言うが早いか、丹羽は脱兎の如く逃げ出した。
「王様!」
  啓太も直ぐ後を追った。輝く陽光の中、丹羽の背中を全力で追い掛ける。熱を帯びた空気が喉の奥を焦がし、息が上がった。身体が燃える様に熱くなってゆく……
  中庭で、終に啓太の足が止まった。
「はあ、はあ、はあ……」
  もう一歩も走れなかった。やはり本気の丹羽には敵わない。啓太は額に拳を当てた。心臓の音がガンガンと頭に響き、胸が大きく上下して呼吸が乱れていた。何だか少し……気分が悪い。そのとき、背後から誰かの手がポンと肩を叩いた。
「啓太、良いとこでおうたわ」
「しゅ、俊介……?」
  喘ぎながら、啓太は振り返った。そこには愛用の自転車と共に、滝が満面の笑みで立っていた。
「ちょっと頼まれてくれへんか?」
「頼、みって……?」
「こいつを野球部のグラウンドまで届けてな」
  滝は返事も聞かず、啓太に大量のペットボトルが入ったビニール袋を押しつけた。
「うわっ、重っ!!」
「こいつがパンクしよって困ってたんや。置いとく訳にもいかんし、恩に着るやさかい、頼むで!」
「ちょっ……俊介!」
  啓太は慌てて呼び止めたが、滝はさっさと行ってしまった。
(早く生徒会室に行きたいんだけど……仕方ないか……)
  両手で重い袋を持つと、啓太は諦めて歩き始めた。野球部のグラウンドは、丹羽の昼寝場所の一つでもある海岸の近くにあった。ここからはそう遠くない。五分もあれば着くだろう……

「藤田~」
  グラウンドの端にクラスメートを見つけて、啓太は声を張り上げた。藤田はグローブをしたまま、こちらへ向かって走って来た。
「伊藤、どうしたんだ?」
「これ……俊介から……頼まれたん、だけど……」
「おっ、差し入れか! 先輩~、来ましたよ~」
「やっと来たか! 待ってたぜ!」
「休憩だ。休憩!」
  皆、練習をやめると、わらわらと二人の周囲に集まって来た。
  啓太と藤田は次々にペットボトルを手渡していった。どうやら二十本近く入っていたらしい。道理で……重かった訳だ。漸く重労働から開放されて、正直、啓太はほっとした。
「あれ? 先輩、一個、余りましたよ」
  ビニール袋を覗き込んだ藤田が言った。
「あ~、人数、間違えたのか?」
「どうします?」
「じゃあ、そいつにやってくれ。態々ここまで運んで来てくれたからな。その礼だ」
「ほい、伊藤」
「あ……有難う……」
  啓太は余ったペットボトルを貰った。
「じゃあ……俺……」
「ああ、サンキュー」
  藤田はニコッと笑って手を上げた。
  時刻は既に三時半を過ぎていた。啓太は走り出した。静かに怒っている中嶋の姿が目に浮かぶ。とにかく、早く生徒会室に行かないと。早く……もっと……もっと早く……
「……!」
  不意に足が縺れた。
  大きく転びそうになって、啓太はバンッと壁に手をついた。途端に酷い吐き気が込み上げてくる。身体が小刻みに痙攣し、頭が割れそうに痛んだ。急速に視界が狭まってゆく――……
「……太……」
  誰かに呼ばれた気がして、ぼんやりと顔を上げた。
(……誰……?)
  しかし、暗くて良く見えなかった。啓太は声の方へ震える腕を伸ばした。すると、誰かの冷たい指が手首を掴んだ。
(……中……嶋……さんだ……)
  啓太は直感した。そして、その瞬間……気を失ってしまった。

「……っ……」
  冷たい感触が啓太の意識を浮かび上がらせた。何かを口に含ませられる。啓太はコクンとそれを飲み込んだ。
(……もっと……)
  朧に瞳を開けると、中嶋と視線が合った。中嶋は無言で口唇を重ね、再び啓太に少しずつ液体を流し込んだ。
(……美味、しい……)
  啓太は何とかそれを伝えたかったが、巧く言葉が出なかった。
「気がついたな」
  低音の柔らかい声に啓太は小さく頷いた。
「……ここ、は……?」
「生徒会室だ。お前は熱中症で倒れた」
「……ああ」
  まだ重い身体を起こそうとして、啓太は中嶋に肩を押さえつけられた。
「まだ寝ていろ」
(……寝るって?)
  そのとき、初めて啓太はソファーに横たわっていることに気がついた。ジャケットは脱がされ、シャツの胸元は大きくはだけている。額と首筋、脇の下には冷却シートが張られていた。野球部で貰ったペットボトルが空になってテーブルに置かれている。
(……全部……中嶋さんが……して、くれたんだ……)
  啓太は弱々しく微笑んだ。中嶋は何も言わないが、いつもさり気なく優しい手を差し伸べてくれる。あそこで会ったのも、恐らく啓太を探していたのだろう。中嶋さんが見つけてくれなかったら、今頃、俺はどうなってたか――……
「……中嶋……さん……」
「喋るな」
  中嶋は啓太の意図を察して、ピシャリと言った。今は体力の回復の方が先だとでも思っているのだろう。
(……それじゃあ、お礼は……後で言います……)
  啓太はゆっくり瞼を閉じた。しかし、二つのクッションを枕代わりにしているせいか、どうにも落ち着かない。睡眠には人一倍の拘りを持っている啓太だけに、それは深刻、かつ重大な問題だった。啓太は僅かに顔を顰めた。すると、中嶋が小さくため息をついた。
「……仕方のない奴だ」
「えっ!?」
  中嶋は啓太の上半身を抱き起こすと、クッションを取り払った。代わりに自分がそこに腰を下ろす。啓太の頭をそっと膝の上に乗せた。これって、まさか……
「この貸しは高くつくぞ、啓太」
  口の端に薄い微笑を漂わせ、中嶋が耳元で囁いた。
  啓太は顔が真っ赤に上気するのを感じた。下がってきた体温が再び熱を帯びる。心臓がドキドキと早鐘を打ち始めた。思わぬ幸運に戸惑いながら、啓太は密かに思った。今度は中嶋さんの愛で熱中症になるかもしれない、と……


2007.9.7
最後の一文のために書き上げました。
中嶋さんに膝枕されて見る啓太の夢って……
中嶋さんの愛情は素直でないから、
弱っているときにこそ身に沁みます。

r

Café Grace
inserted by FC2 system