『続』と銘打っていますが、ただのコメディです。それを踏まえた上で、本編を参照にお楽しみ下さい。

続 不眠

伊藤  :中嶋さん、一つ気になることがあるんですけど……
中嶋  :何だ?
伊藤  :ちゃんと寝てるんですか?
中嶋  :ああ、四時間ほどな。お前はいつも良く眠っているな。
伊藤  :はい、俺の睡眠時間は七時間以上って決まってますから。
中嶋  :啓太、七時間睡眠は凡人のすることだ。天才は五時間しか眠らない。
伊藤  :そうなんですか? じゃあ、四時間の中嶋さんは天才以上ってことですよね。やっぱり
    凄いです、中嶋さん。
中嶋  :ふっ……可愛いな、お前は。
伊藤  :わ~い、褒められちゃった!


続 熱中症

中嶋  :元気になった様だな。
伊藤  :はい、有難うごさいます、中嶋さん。
中嶋  :ふっ、礼など必要ない。身体で払って貰うからな。
伊藤  :えっ!?
中嶋  :言ったはずだ。この貸しは高くつく、と。
伊藤  :あれって本気だったんですか?
中嶋  :俺が冗談を言うと思うか?
伊藤  :あ……やっぱり……あれ、ですか?
中嶋  :……まずはこれを三十部コピーしろ。次にこの書類を会計部へ提出し、丹羽を捕獲し
    つつ帰還。その後、そこの資料をファイリング――……(以下、延々と続く)
伊藤  :……鬼。


続 オペラの夕べ

伊藤  :ちょ、ちょっと待って下さい!
成瀬  :どうしたんだい、ハニー?
伊藤  :幾ら練習しても、男の俺が女声を歌える訳ないじゃないですか! それにドイツ語なん
    て知らないし!
七条  :大丈夫ですよ。口パクにしますから。
伊藤  :でも、それって皆を騙してるみたいな気がします。そういうのは、俺……
西園寺:確かにそうだな。彼も以前、それをやってメディアに叩かれたことがある。
伊藤  :ほら、プロの人でさえばれちゃうんだから、素人の俺に出来る訳ないです!
中嶋  :なら、俺が教えてやろう。その身体に沁み込むまで、たっぷりと……な。
遠藤  :そんなことは俺が絶対に許さない!
伊藤  :有難う、和希。
遠藤  :安心しろ、啓太! 啓太のためなら、国も法も、総て俺が変えてやる!
伊藤  :……和希。
丹羽  :ある意味、てめえが一番危ねえぜ。
篠宮  :遠藤、また寮則を破る気か!
岩井  :……篠宮、それは少し違うと思う。
伊藤  :やっぱりこの企画自体に無理があるんだよ。
滝    :そないなことない。
海野  :うん、僕も良い考えだと思うよ。
全員  :……という訳で……啓太っ!!
伊藤  :わ~ん、俺、やっぱり言えませ~ん!


続 月の輝く夜に

伊藤  :和希……俺達、全然、お月見してないんだけど……
遠藤  :そうだな。
伊藤  :そのために来たんだろう?
遠藤  :ああ、でも、俺はこっちの方が良いな。啓太を一杯、堪能出来るから。
伊藤  :ばっ……!
遠藤  :だから、もう一回……ねっ?
伊藤  :お前……何、言って……あ……駄目、だって……和希……


続 名月

伊藤  :中嶋さん、俺、また一つ気になることがあるんですけど……
中嶋  :今度は何だ?
伊藤  :煙草、いつ消したんですか?
中嶋  :……
伊藤  :持ってましたよね? でも、俺にキスするときは――……
中嶋  :啓太、言ったはずだ。お前は俺のことだけを考えていろと。それなのに、そんなくだらん
    ことを気にしていたのか?
伊藤  :えっ!? あの……だから、俺――……
中嶋  :お仕置きだ。
伊藤  :どうして、中嶋さ……ん……あ……んっ……


続 ノック

伊藤  :中嶋さん……手、痛くないですか?
中嶋  :ああ。
伊藤  :本当ですか? 何か腫れてる様に見えるんですけど……
中嶋  :……
伊藤  :細い窓枠を結構、思い切り叩いてましたよね? 本当に痛くないんですか?
中嶋  :昨夜、この手にあれだけ啼かされてまだ足りないのか? やはりお前は淫乱だな、啓
    太。
伊藤  :ち、違――……
七条  :痛くないなら、箸くらい自分で持って下さい。
西園寺:全くだ。啓太を使うな!
中嶋  :お前達に見せつけているだけだ。
伊藤  :中嶋さん……嬉しいです。


Graceと秘密の小部屋

伊藤  :和希、Graceってどんな猫だろう?
遠藤  :そう……だな。白とロシアンブルーの様な灰色の毛並みのミックスの女の子で、子猫
    のときはまるでピンボケした様に見えて、目がチカチカしたよ。名前の由来は灰色だから
    Grey、Graceってつけたんだ。ラブリーは臆病だから外には決して出ないけど、とても気
    が強いんだ。俺に最も懐いているのに、同時に俺が最も噛まれているよ。そう、不二子
    みたいな性格と言った方がわかり易いかな。自分の方から甘えてきたのに、突然、急に
    掌を返すんだ。裏切るのなんて朝飯前。たまにマジ噛みするから困るけど、そんなとこも
    また可愛いから、結局、何をしても許されてしまう愛すべき存在なんだ!
伊藤  :か、和希……?
遠藤  :……! 今……何を言ってたんだ、俺?
伊藤  :……和希……
遠藤  :……啓太……
伊藤  :も、もう忘れよう……怖いから……
遠藤  :そ、そうだな。行こう、啓太……


続 響きの良い言葉

丹羽  :よお、啓太!
伊藤  :あっ、 王様! 掃除ですか?
丹羽  :ああ、どっかの誰かさんのお陰でな。
遠藤  :整理整頓も出来なくて、よく生徒会長が務まりますね。
丹羽  :てめえ……いつか絶対、殴ってやる。
伊藤  :……っ!!
遠藤  :どうした、啓太?
伊藤  :……いる。
遠藤  :何がだ?
伊藤  :俺にはわかる……和希、ここにはグレート・マザーがいる!
遠藤  :啓太、男にマザーは変だろう?
伊藤  :うん……でも、これはその瞬間の直感だから、女の名前が浮かぶこともあるんだ。そう
    いう奴はグレート・マザーになる! 今、俺の頭に閃いたのはスーザンッ!!
丹羽  :ほ~、さっすが俺様の部屋だ!
遠藤  :……本当に停学にしますよ。
伊藤  :ううっ……俺、もうやだっ!! 家、帰るっ!!!
遠藤  :け、啓太っ!? 待て! 俺から離れるなっ!! 啓太~っ!!
中嶋  :ちっ、バカップルが……!


2007.10.26
シリアスが多いせいか、
コメディに餓えてしまいました。
だから、本編に自分でお馬鹿なオチをつけてみました。

r  n

Café Grace
inserted by FC2 system