丹羽 :宴会の様な夕食が終わって漸く家の中が静かになったのは時計の針が十時を大きく過ぎ
    た頃だった。ほろ酔いの郁ちゃん達も坂井に挨拶をして部屋へ引き上げるぜ。この後、何も
    しねえなら場面を進めるが、どうする?
西園寺:私は特にすることはない。
七条 :僕も後は寝るだけです。
中嶋 :俺は風呂に入る。それほど飲んでいないしな。
伊藤 :あっ、俺もまだなのでお風呂に入りたいです。
遠藤 :なら、一緒に入ろう、啓太。その方が楽し……いや、時間の節約になるから。
中嶋 :では、三人で入れば良い。田舎の家なら、そのくらいの広さはある。ついでにこいつの身体
    をじっくり堪能させて貰おう。
遠藤 :中嶋さん、啓太をそんな邪な瞳で見ないで下さい!
中嶋 :ふっ、お前も目的は同じだろう。
遠藤 :俺は見たとしても啓太が怪我をしていないか確かめるだけです。
伊藤 :何だか入りたくなくなってきた……
    (俺、もう大浴場へ行けないかも)
西園寺:……
    (散歩先で啓太が怪我をしそうな状況があったのか)
丹羽 :おい、過激なRP(ロール・プレイ)は禁止って言っただろう。三人とも順番に風呂に入って
    寝た。それで場面を移すぜ。
伊藤 :有難うございます、王様。
中嶋 :……つまらん。
遠藤 :横暴なKP(キーパー)ですね。
丹羽 :お前がそれを言うか、遠藤!
西園寺:丹羽、話が逸れている。さっさと進めろ。
丹羽 :ああ、悪い。なら、火垂祭の朝まで場面を進めるぜ。前夜、少し飲んだこともあって郁ちゃ
    ん達が起きたのは八時近くだった。全員が身支度を整えて部屋を出ると、廊下の奥からエ
    プロン姿の須藤が朝食の味噌汁を盆に乗せて運んで来た。明らかにウキウキした様子で
    郁ちゃん達に声を掛けるぜ。
須藤 :おはようございます。皆さん、ゆっくりですね。私は今日が楽しみでなかなか寝つけなくて、
    折角の休暇なのに六時には起きてしまいましたよ。だから、てっきり私が一番かと思ってい
    たら坂井さんの方が更に早起きでした。田舎の人には敵いませんね、ははっ。あっ、すいま
    せんが、その襖を開けてくれませんか?
丹羽 :そうして須藤は左の部屋を顎で指した。啓太が襖を開けると、中からふわりと旨そうな匂い
    が漂ってきた。中央に置いた机の上に一汁三菜の和食が用意され、おかわり用のお櫃まで
    ある。坂井は既に右の端に座ってた。郁ちゃん達も適当に座るぜ。須藤は皆に味噌汁を配
    ると、エプロンを外して坂井の左隣に座った。すると、坂井が小さく頭を下げた。
坂井 :須藤さん、有難うございます。お陰で、助かりました。
須藤 :いえいえ、泊めさせて貰ったのだから料理は任せて下さい。坂井さんは祭りの準備で今ま
    で忙しかったから、きっと疲れが出たんですよ。あまり無理をしてはいけません。それにこう
    見えて私は結構、料理は得意なんです。独り身が長いもので、ははっ。
丹羽 :須藤がそう軽口を叩くと、坂井は申し訳なさそうな微笑を浮かべた。その顔は確かに少し
    疲れてる様に見えた。やがて、いただきます、と言って皆で須藤の作った料理を食べ始め
    た。自分で得意と言うだけあって、それはなかなかの味だった。特に味噌汁は丁寧に出汁
    を取り、具は控えめで風味豊かに仕上げてある。あまり食欲がなさそうな坂井もそれには頬
    を綻ばせ、少し元気を取り戻した。


(須藤さんって意外と良い人かもしれない)
 啓太が密かに須藤を見直していると、中嶋が低く呟いた。
「妙だな」
「何がですか?」
「昨日、広場で見た坂井は精力的に動き回っていた。年とはいえ、一晩でそこまで疲れるとは考え難い。KP(キーパー)、今、坂井はどんな様子だ?」
「外見に変化はねえが、全体的に活力が失われた様に見えるぜ」
「漸く祭りの準備が終わって、ほっとしたからじゃないですか」
 啓太がそう言うと、いや、と和希が横から口を挟んだ。
「まだ提灯を飾っていないし、本番はこれからだよ、啓太」
「あっ、そうか」
「朝に何か一仕事したんでしょうか? 御緒鍵(おおかぎ)はまだ神棚にありますか?」
 七条が丹羽に尋ねた。
「ああ、ちゃんとあるぜ」
「変化なし、か。情報を取り損ねたな」
 西園寺は小さく腕を組んだ。丹羽が軽く全員を見回した。
「これ以上、質問がねえなら坂井は広場へ向かうぜ。先に郁ちゃん達をやるから中嶋達は二十分ほど席を外してくれ」
「わかりました」
 啓太は椅子から立ち上った。しかし、特に行く場所がある訳ではないので直ぐ途方に暮れてしまった。どこに行こう……
「二十分というのが微妙に中途半端だな」
 和希も困った様に言った。すると、中嶋はおもむろに自分の机にある書類に手を伸ばした。
「なら、丁度良い仕事がある。これをクラブ棟の各部室に置いて来い。三人で手分けをすれば、二十分で終わるだろう」
「何ですか、これ?」
 書類を受け取ながら、啓太はコクンと首を傾げた。
「クラブ棟における配線工事の日程表だ」
 何、と西園寺が鋭く丹羽を見やった。
「それは昨日の部長会議で配布すべきものだったはずだ。どういうことだ、丹羽?」
「あ~、そのつもりだったが……その……何だ。書類の山に埋もれてて……うっかり、な」
「だから、日頃から仕事を溜めるなと言っているだろう」
 途端に西園寺の厳しい言葉が飛んだ……が、丹羽はそれを笑って聞き流した。
「忘れたもんは仕方ねえだろう。まあ、今から配りに行けば大丈夫だって」
「お前のそういういい加減なところが……!」
 暢気な物言いに西園寺は声を荒げた。七条が宥める様に新しい紅茶を差し出す。
「郁、集中力を欠いたらKP(キーパー)の思う壺ですよ」
「……っ……わかっている。有難う、臣」
 西園寺は気を静めて紅茶に手を伸ばした。小腹の空いた丹羽が、一つ貰うぜ、と啓太の菓子皿からマカロンを摘み上げた。
「別にそんなつもりはねえよ。俺は常に公平なキーパリングを心掛けてるぜ……おっ、旨いな、これ」
「口では何とでも言える」
「ええ、殺意のないKP(キーパー)など僕は信じられないですね」
 素っ気無い二人に丹羽は軽く頭を掻いた。
「信用ねえな」
「あっ、どうぞ、王様……じゃあ、行って来ます」
 少し険悪な空気が漂う中、啓太はペコリと頭を下げた。頼んだぜ、と丹羽は片手を上げて三人を送り出した。

丹羽 :これで仕事も片づいて一石二鳥だな。それじゃあ、さくさく続きを始めるぜ。現在、時間は
    午前十時だ。坂井も中嶋達も外出して家の中には郁ちゃんと七条、須藤だけしかいねえ。
    どうする……って訊くだけ無駄か。神棚の御緒鍵(おおかぎ)を調べるんだよな。
西園寺:ああ、私は神棚に近づいて御緒鍵(おおかぎ)を手に取る。
七条 :僕も神棚へ行きます。
丹羽 :なら、それに気づいた須藤も近寄って来た。昨夜は興味がなさそうだったが、間近で見る
    機会は逃さないつもりらしい。郁ちゃんの隣からそっと御緒鍵(おおかぎ)を覗き込んだ。
西園寺:改めて御緒鍵(おおかぎ)に『目星』を振る。
七条 :僕もです。
丹羽 :ついでに郁ちゃんは『歴史』、七条は『クトゥルフ神話』を振ってくれ。
七条 :やはり神話生物絡みですか。でも、僕の『クトゥルフ神話』は5%しかありません。代わりに
    『オカルト』では駄目ですか?
丹羽 :『オカルト』では何もわからねえな。
七条 :わかりました。5%に賭けます。
丹羽 :それから郁ちゃんが頼めば、須藤も『目星』と『歴史』を振るぜ。
西園寺:ならば、私は須藤にも意見を求める。
七条 :一応、民俗学者ですからね。
丹羽 :了解。


西園寺:目星(85)→65 成功
    :歴史(55)→60 失敗
七条 :目星(50)→95 失敗
    :クトゥルフ神話(5)→78 失敗
須藤 :目星(40)→65 失敗
    :歴史(70)→65 成功


丹羽 :何か65ばっかりだな。
    (失敗が多い割に情報の取り零しはねえ。運は郁ちゃん達にあるってことか)
七条 :5%は駄目でしたか。残念です。
西園寺:それは仕方がない。寧ろ、臣の『目星』がファンブルにならなくて良かった。
丹羽 :それじゃあ、結果を纏めて処理するぜ。昨夜は遠目で良くわからなかったが、御緒鍵(おお
    かぎ)を手に取った郁ちゃんはそこに不思議な力が満ちてるのを感じた。生命力や活力み
    たいなものだ。円盤に彫られてた模様は五枚の花びらを持つ花の様で、七条はそれが何か
    に似てる気がしたものの、どこで見たのか思い出せなかった。そして、郁ちゃんに意見を聞
    かれた須藤は不思議そうにこう言った。
須藤 :これは奇妙な模様ですね。最初は家紋かと思いましたが……
西園寺:違うのか?
須藤 :……断言は出来ませんが、これは何かを意匠化したものですね。
西園寺:それならば、蛍袋の花だろう。昨夜、その花が火垂祭の名前の由来になっていると村の
    者から聞いた。
須藤 :ああ、成程……言われてみれば、これは花に見えますね。
七条 :(おや、これは花ではないんでしょうか?)
    坂井さんはこの模様について何か言っていましたか?
須藤 :いえ、特には……火垂祭と同様、この模様も古くから村に伝わっているとしか……ただ、
    坂井さんはこれを火を垂らす五弁の花の印と呼んでいました。さて、皆さん、私はそろそろ
    昼食を作ることにします。夕方からが本番なので、食べないと身が持たないですからね。
丹羽 :そうして須藤は元気に部屋を出て行った。郁ちゃんは御緒鍵(おおかぎ)を神棚に戻すぜ。


「これは……」
 郁、と七条は隣に目をやった。西園寺は小さく頷いた。
「技能の失敗を須藤に救済されたが、素直に喜べないな」
「火、五弁、印から連想するものは一つしかありません……旧き印です。炎の瞳を持つ五芒星の印が蛍袋の花と合わさって長い年月の間に意匠化されたんですね」
「旧き印は旧支配者のみに効力を発する。御緒鍵(おおかぎ)、緒締役……火垂祭の真の目的は旧支配者の封印か」
 その言葉に丹羽は大きく手を叩いた。パン、パン、パン……
「正解だ、郁ちゃん。だが、それはPL(プレイヤー)情報だからPC(プレイヤー・キャラクター)では使うなよ」
「わかっている。全く……大変なものを出して来たな、丹羽」
 厳しい顔で西園寺は紅茶を一口、ゆっくりと飲んだ。ニヤッと丹羽が笑った。
「その方が面白いだろう。遠藤はルルイエの魔道具を出したが、最後のあれはクトゥルフじゃなかった。多分、ダゴンか眷属の何かだろう。だから、今回は旧支配者の恐怖をもう少し味わって貰おうと思ってな」
「前回以上にKP(キーパー)の殺意を感じますね」
 啓太の菓子皿にマカロンを補充しながら、七条が言った。そうか、と丹羽は机に頬杖をついた。
「俺は遠藤ほど鬼じゃねえぜ。PC(プレイヤー・キャラクター)に一服盛ったり、地下室に閉じ込めたり、背後から不意打ちする様な真似はしねえ。ただ、旧支配者を封印すれば良いだけだ。やり方は火垂祭として伝わってるから簡単だろう?」
「私達がそれに気づけば、な」
(だが、面白くなってきた)
 西園寺がそう呟いたとき、何度かノックの音がして生徒会室のドアが開いた。おっ、と丹羽が顔が上げた。大きく手招きする。
「丁度良いタイミングだな。郁ちゃん達と入れ替わってくれ。直ぐに続きをやるぜ」
「あっ、はい、王様」
 ただいまの挨拶もそこそこに啓太は急いで元の席に着いた。その後に中嶋と和希が続く。ほぼ同時に西園寺と七条が立ち上がった。
「では、私達はまた会計室へ行こう」
「そうですね。丹羽会長、どのくらいで戻れば良いですか?」
「三十分くらいだな」
「わかりました」
 そして、二人は生徒会室から出て行った。丹羽はコーヒーで軽く喉を湿らすと、ノート・パソコンに目を向けた。

丹羽 :郁ちゃん達と違ってこっちは描写が多いから手早く進めるぜ。ああ、それから二人とも、サ
    ンキューな。お陰で、助かったぜ。
伊藤 :いえ、俺達も丁度良い時間潰しになりました。
遠藤 :でも、これからは気をつけて下さいね、王様。
丹羽 :わかってるって。
中嶋 :西園寺の機嫌が直っていたから向こうはそれなりに進展があった様だな。
丹羽 :まあな。その内、情報交換するだろう。それじゃあ、始めるぜ。十時になって坂井は提灯の
    飾り付けをするために広場へと向かった。三人もそれに合わせて外出したが、まずはどこ
    へ行くか決めてくれ。
中嶋 :その前に、細川の家はどこにある?
丹羽 :昨日の土手の近くだが、その辺りにいる村人に訊けば直ぐにわかる。ロール不要で知って
    ることにして良いぜ。
伊藤 :中嶋さん、先に細川さんの家へ行くんですか?
中嶋 :いや、坂井の後について広場へ行く。
遠藤 :啓太、提灯が山に飾られたらもう調べられないからまずは広場へ行こう。
伊藤 :あっ、そっか。赤い提灯のこともあるんだった。
丹羽 :なら、三人が坂井に少し遅れて広場へ着くと、そこには既に村中の男達が集まってた。幾
    つかの班に分かれ、それぞれ手に何枚かの地図と白や黄色、青やピンクなどの提灯を持っ
    てる。坂井は班ごとに最後の確認をしてるぜ。ここからはRP(ロール・プレイ)で情報を引き
    出してくれ。だが、もたついてると坂井達は山へ出発するからな。
中嶋 :時間制限か……お前がやれ、啓太。
伊藤 :えっ!? 俺ですか? そんな急に言われても……俺、どうしたら良いか……
遠藤 :大丈夫。難しく考えなくて良いよ。こういう場合、啓太ならどう行動する?
伊藤 :えっと……じゃあ、まずは誰かに声を掛けるかな。坂井さんは忙しそうだから近くの人に。
    あの……これから山へ提灯を飾りに行くんですか?
丹羽 :話し掛けられた男は啓太を怪訝そうに見て無言で頷いた。
伊藤 :(何か警戒されてる。小さな村だから閉鎖的なのかもしれない)
    大変ですね。俺達は昨日、この村に来たんです。今は坂井さんにお世話になってるので何
    かお手伝い出来ることはありませか?
村人 :坂井さん? なら、秀人君を連れて来たのはあんた達かい?
伊藤 :あっ、それは……はい。
    (中嶋さんがいるから嘘じゃないよな)
村人 :そうかい。お陰で、助かったよ。緒締役がいないと祭りにならないって坂井さんがずっと心
    配してたからね。その気持ちだけで充分だよ。昔からこの仕事は村の男全員でやる決まり
    なんだ。
伊藤 :そうなんですか。でも、山で迷ったりしないんですか?
村人 :何回もやって自分達が担当してる場所は覚えてるし、一応、地図もあるから大丈夫だよ。
丹羽 :そう言って男は啓太に山の地図を見せた。
伊藤 :ここは『目星』かな。
遠藤 :そうだな。俺も啓太の隣から興味深そうに地図を覗き込みます。
中嶋 :俺も『目星』を振る。


伊藤 :目星(65)→16 成功
遠藤 :目星(85)→64 成功
中嶋 :目星(79)→27 成功


丹羽 :(まあ、ここは普通に成功だよな)
    三人が見た地図は土地勘のある村人しかわからねえ酷くいい加減な代物だったが、その
    割りには取りつける提灯の色や場所が事細かに指定されてた。
遠藤 :KP(キーパー)、そこに赤はありますか?
丹羽 :いや、赤い提灯を付ける場所はどこにも書いてねえ。
伊藤 :なら、俺はそのことを村人に尋ねます。この地図には赤い提灯の場所がありませんが、ど
    こに飾るんですか?
丹羽 :すると、村人は少し驚いた顔をして地図に視線を落とした。今まで気づかなかったらしく、
    不思議そうに首を傾げるぜ。
中嶋 :広場の村人に『目星』を振る。赤い提灯を持っている者がいるかどうか知りたい。
丹羽 :それなら要らねえ。坂井が持ってるのが見える。
中嶋 :他に赤い提灯を持っている奴はいるか?
丹羽 :いや、坂井だけだ。
中嶋 :赤い提灯の意味を知っているのは坂井だけか。
遠藤 :……
    (地図に赤い提灯を飾る場所はない。なら、坂井はそれをどうする気だ?)
伊藤 :どうしよう。坂井さんに訊いてみるべきかな。でも、昨夜の感じだと適当にはぐらかされる
    だけな気がするし……う~ん、どうしよう……
丹羽 :(啓太には悪いが、これで切り上げるか……時間ねえしな)
    啓太が地図を見てると、急に周囲が動き始めた。班ごとに山裾から道なき道へと入って行く
    ぜ。啓太が話し掛けた村人も軽く会釈してその後に続いた。坂井も赤い提灯を持って一人
    山へと向かった。


「えっ!? もう時間切れですか!?」
 その言葉に啓太は驚いて目を瞠った。丹羽が軽く肩を竦める。
「出発直前だったから仕方ねえな。ちなみに、坂井の跡をつけるのは難しいぜ。道も土地勘もねえ山の中だからな。『追跡』の半分で成功しねえと途中で見失うことになる」
「でも、誰も『追跡』は持ってないんですよね……和希、『追跡』の初期値って幾つ?」
「10だよ、啓太」
「その半分だからクリティカルを出さないと失敗か」
 う~ん、と啓太は唸った。俺の運を信じて振ってみるべきかな……
 すると、中嶋と和希が口々に言った。
「これ以上、ここで探索しても時間の無駄だな」
「そうですね。もう情報はなさそうです」
「でも、赤い提灯のことはまだ何も……」
 責任を感じて啓太は表情を曇らせた。何か良い考えがある訳ではないが、二人に申し訳なくて諦められなかった。俺がもっと効率的に調べてたら……と俯く啓太を和希は優しく励ました。
「啓太、俺達はまだ行かなくてはならない場所があるだろう。一つのことに拘るのは良いけれど、無理なら考えを切り替えることも大切だよ。そこから次に繋がる情報が出て来るかもしれない」
 中嶋も遠回しな言い方だが、珍しく啓太を慰めた。
「限られた時間でお前にしては出来るだけのことはやった。余計なことは考えるな」
「……はい」
 小さな声で啓太は答えた。丹羽は気まずそうに頭を掻いた。
「あ~、俺が言うのもあれだけど、啓太のRP(ロール・プレイ)は変な気負いがなくて良かったと思うぜ。村人がちゃんと地図を見せてくれただろう。もし、探索する気満々で話し掛けてきたら、俺は見せないつもりだった。他所者にそんなことをする必要はねえからな。だから、今はこれで充分だと思うぜ」
「そうなんですか?」
 啓太が少し顔を上げると、丹羽はニカッと破顔した。
「最初に言っただろう。俺はRP(ロール・プレイ)重視だって。NPC(ノン・プレイヤー・キャラクター)にも感情があるんだ。相手を思いやって丁寧に接すれば、それなりに返してくれるぜ」
「わかりました、王様」
 完全に元気を取り戻した啓太を見て丹羽は威勢良く拳を掌に打ちつけた。
「よし! なら、場面を細川の家に移すぜ」


2015.1.30
シナリオの目的を西園寺さんに読まれたけれど、
それで生存出来るほど甘くないのがクトゥルフ(CoC)です。
KP(キーパー)の王様が仄暗い歓びを感じていそう。

r  n

Café Grace
inserted by FC2 system