番外編 はむはむヘヴン 年越し編(中啓ver.)

  主が大掃除の記事を読んで思いついた話です。物が増えてゆくのが幸せの一つの形なら、二人の家は凄いことになりそうです。

番外編 はむはむヘヴン 正月編(和啓ver.)

  主が新春の願いを籠めて書いた話です。いつも平和なハムの世界ですが、和希ハムにとっては啓太ハムのことが気になって今年も心中は穏やかではなさそうです。

Truth 8

  主が、この調子では数字が足りなくなる予感に焦り始めた話です。バイクの部分は当初の予定にはなかったので、その皺寄せが出て来ました。話数内に収めるためにどこを削るべきか悩みます。

Truth 9

  主がいよいよ謎解きに入った話です。啓太は色々な意味において眞鳥さんが最も許せないものです。そこから組み上げているので、明日叶達の出番がないのが難点です。いつ、登場させよう……

番外編 はむはむヘヴン ホワイト・ディ編(和啓ver.)

  主が焼きマシュマロを食べたくて書いた話です。ふわふわの啓太ハムはマシュマロの様だと和希ハムは思っているはずです。

番外編 はむはむヘヴン ホワイト・ディ編(中啓ver.)

  主が可愛い啓太ハムを書きたかった話です。焦げた背中の毛は中嶋さんハムが優しくトリミングしてくれるはずです。その後は、いつものお決まりコースです。

親友と恋人の狭間

  主が散々苦心した話です。結局、啓太が和希について一人で悩むことになりました。もう少しデートらしい展開をいつか書いてみたいです。

もう一度、初めから 和啓ver. 1

  主が初めて書いたパラレルの話です。王道の吸血鬼(ヴァンパイア)にしましたが、微妙に三角関係に見えなくもない展開になりそうです。

もう一度、初めから 和啓ver. 2

  主が吸血鬼(ヴァンパイア)・啓太の食事を書きたかった話です。啓太にとって食事の対象でしかなかった人に好意を抱き始めた切っ掛けは、やはり楽しい会話からです。

もう一度、初めから 和啓ver. 3

  主が映画の影響を受けた話です。吸血鬼(ヴァンパイア)と人狼は休戦しつつも、互いに虎視眈々と狙っているので王様と中嶋さんが抑えています。西園寺さんと七条さんの密かな裏設定もありますが、恐らく出番がなさそうです。いつか別の話で書きたいです。

もう一度、初めから 和啓ver. 4

  主が和希のエゴを書きたかった話です。和希は啓太に関することだけは誰に対しても――啓太自身をも含めて――絶対に譲りません。そんな和希に、まだ追いつけない啓太……徐々に切な系になってきました。

もう一度、初めから 和啓ver. 5

  主が吸血鬼(ヴァンパイア)族の背景を整理したかった話です。和希と啓太の恋には吸血鬼(ヴァンパイア)と人狼の覇権争いが絡んでくるので、これですっきりしました。

まきばヘヴン

  主がゲームに嵌って勝手にコラボした話です。ヘヴン・キャラが可愛い動物になって牧場を賑わす様子をお楽しみ下さい。

もう一度、初めから 和啓ver. 6

  主が啓太の無垢な罪を書きたかった話です。総てを知っている中嶋さんは啓太を愛しているのか、いないのか……それは本人にもわかりません。これは一種の分岐SSで、啓太を愛した中嶋さんがいる中啓ver.も、いずれ仕上げたいと思います。

Truth 10

  主が中立説を使いたくて書いた話です。運の良さが取り柄の啓太はこれを体現している様で、最初に思いつきました。ここへ到るまでが長かったです。

もう一度、初めから 中啓ver. 1

  主が久しぶりに一気に書き上げた話です。和啓ver.と設定は同じですが、展開の殆どは過去編になります。現在の二人は最初と最後に出て来るくらいかな。

もう一度、初めから 中啓ver. 2

  主が中嶋さんの葛藤を書きたかった話です。言葉は冷たくとも、それに徹しきれない中嶋さんが何かから逃げていることに気づく切っ掛けはパラレルでも啓太です。

もう一度、初めから 中啓ver. 3

  主が子供の相手をする中嶋さんを書いた話です。総てを諦めた中嶋さんの最後の悪あがきが啓太に思わぬ成長を促してしまいました。そのために悲劇が起こるとも知らずに……

もう一度、初めから 中啓ver. 4

  主が気分は両片想いで書いた話です。中嶋さんが啓太への想いを自覚するのは最後のときなので……嵐の前の静けさです。

杉山屋敷怪異譚 1

  主がCoCをやりたくて書いた話です。『Archive』に置いた意味は推して知るべし……という感じです。

杉山屋敷怪異譚 2

  主が本編よりもステータスに悩んだ話です。啓太のステータスは本当はもう少し高かったのですが、初心者なので適当に抑えています。その代りに王様達を高スペックにしました。

杉山屋敷怪異譚 3

  主が発狂についての説明に苦心した話です。クトゥルフ(CoC)の醍醐味である発狂には幾つか種類がありますが、それを聞いたら啓太が眠れなくなりそうなので諦めました。

杉山屋敷怪異譚 4

  主が啓太の強運を改めて知った話です。実際にダイスを振っているのですが、まさか啓太以外は失敗とは……先の展開が不安になってきました。

杉山屋敷怪異譚 5

  主の予想に反して和希が勝手に暴走した話です。牽制と称して紳士的な精神攻撃を繰り出す和希を止められませんでした。でも、反省も後悔もありません。

杉山屋敷怪異譚 6

  主がローマ数字が不足する予感に二話を一つに纏めた話です。和希と中嶋さんが啓太を巡って争うのは書いていて楽しいです。

杉山屋敷怪異譚 7

  主が久しぶりに西園寺さんを動かせた話です。いつも七条さんに比重が寄ってしまうので、こういう展開になって良かったです。

Fragrance

  主がノベル・ゲームのシナリオを書き替えた話です。それに伴い、『Fragrance』抜粋は削除しました。

杉山屋敷怪異譚 8

  主が展開に少し困った話です。どうしても啓太の祖父の名前がわからず、仕方なく和希の裏設定を導入しました。どんなときでも啓太ありきの和希です。

杉山屋敷怪異譚 9

  主が予想外の展開に先が不安になった話です。ここで一人は発狂するはすでしたが、王様達の鋼の精神に太刀打ち出来ませんでした。

杉山屋敷怪異譚 10

  主が本当に忘れていた話です。そのため誰もキーピックのことを言い出さず、二度目の『鍵開け』で漸く思い出しました。こういうミスがあるからTRPGは楽しいかも。

杉山屋敷怪異譚 11

  主が和希の殺意にシナリオを改変した話です。基本的にはシナリオに忠実ですが、誰も発狂しないので和希が少し暴走しました。

杉山屋敷怪異譚 12

  主が長過ぎるので半分に分けた話です。まさか一人も討ち取れないとは、正直、思っていませんでした。

杉山屋敷怪異譚 納

  主がリプレイ風SSを書く切っ掛けとなった話です。最後の写真の切なさに迷わず、このシナリオに決めました。ダイス任せの展開は書いていて新鮮で楽しかったです。

其は何を映す瞳 1

  主がシナリオのある台詞が気に入って選んだ話です。KPは少々強引な展開でも引っ張っていける王様に直ぐ決まりました。

其は何を映す瞳 2

  主が子供と七条さんの繋がりを作るために設定を少し変えた話です。最初、子供を預ける相手は中嶋さんを予定していましたが、どう考えても似合わないので諦めました。

其は何を映す瞳 3

  主が銃の種類に困った話です。佐和子が使っても違和感のない物を色々調べて坂本龍馬が持っていたという銃にしました。

其は何を映す瞳 4

  主が意外と苦労した話です。最初は和希と中嶋さんが互いを疑い合う展開でしたが、そこに西園寺さんと七条さんも参戦してしまいました。お陰で、先の展開が全く読めなくなってしまいました。


r

Café Grace
inserted by FC2 system